通信制高校ってどういうところ?そこに通うメリットとデメリットは?


通信制高校とはどのようなところか

高校には全日制や定時制、通信制という通学スタイルがありそれぞれ自分に合ったスタイルを選択することができます。この中でも、通信制はどのような学校であるのかしっかりと理解している人は多くはないと言われています。それぞれの通学スタイルに特徴がありますが、通信制では基本的に学校へは通わず自宅学習を中心に勉強することになります。全日制や定時制における試験に該当するのは、レポートやスクーリングです。スクーリングとは、自宅学習を行う中でも年に数回程度学校へ通うことを言います。学校によっては、全日制以上に充実した学習ができるとして、多くの入学者がいます。

通信制高校に通うメリットとデメリット

通信制高校に通うメリットはいくつかあります。まず、時間の融通が効くことが挙げられます。これは、レポート提出とスクーリングに対応することができれば、時間を自由に使うことができるためです。また、全日制などに比べると授業料が安い点です。私立の場合は年間で100万円かかる学校もありますが、公立であれば3年間の合計で10万円程度で済むこともあります。一方、デメリットもいくつかあります。代表的なものとして、勉強へのモチベーションを保ちにくいということが挙げられます。通信制を卒業して、目的の道に進むという目標があれば勉強に対するやる気も保てるかもしれません。しかし、目標が無いまま通信制を利用している人の中には、年に数回のスクーリングでは中々モチベーションを保てないという人が多くいます。基本的に、誰かと切磋琢磨できる通学スタイルではないためやる気が出ずに中退してしまうというケースが多いのです。

高校は全日制だけではありません。通信制高校を名古屋の街に居ながら通う事ができます。不登校だった人や、自分を見出したい人が、高校卒業の資格を取ることが出来ます。素晴らしい事だと思いませんか。