失敗しない!良い塾と残念な塾の見分け方!


良い塾とはどのような塾なのか?

良い塾とは「点数や成績が向上する」ということに加えて、通っている生徒やその保護者に寄り添って、的確なアドバイスを与えてくれる塾です。生徒に迎合するのではなく、時には厳しさも必要ですし、志望校選択や指導方針について、家庭が考えている以上の有益な視点や意見を遠慮せずに提案してくれるなど、プロとしての立場で考えてくれるような場所でなければなりません。また豊富な実績や指導経験に奢ることなく、目まぐるしく変化していく受験業界の情報について、常に自己をアップデートしていく研究熱心な姿勢、新しいツールや学習方法なども貪欲に取り入れていく柔軟な対応も求められています。プロとしての職人魂が随所に感じられると同時に、目の前の生徒に対して暖かい眼差しで成長を見守ってくれる、そんな先生がいる塾が良い塾です。

良い塾を見分けるポイントは?

まずは電話応対や来客応対において、どのくらいこちらの質問に真摯に向き合ってくれるかという点が第1のポイントになります。こちらの質問に対して明快かつ簡潔に答えてくれるかどうかで、家庭と向き合う姿勢が分かります。逆にこちらの質問にはほとんど答えず、塾の売りなど自分が言いたいことだけをまくしたてるような応対の塾はあまり良い塾とは言えません。また志望校の最新状況について、直ぐに有益な情報を教えてくれる塾は信頼できますが、ごまかし、はぐらかすような対応をするような塾はおすすめできません。予約をしていなくても、授業見学や教室見学を無条件に受け入れてくれる塾は普段からしっかりと運営している塾です。ですから良い塾を見分けるポイントは、突然の電話や訪問に対してどのように応対してくれるかいうところで決まります。

市場の競争にさらされている塾講師は、レベルが高いです。学習塾の塾講師に勉強を習う事は、質の高い勉強に通じるのです。